おっタマげ!淡路島!うずしおクルーズと巨大タマネギ。

DSC_0134.JPG

今回はうずしおクルーズに行ってみよう!とのことで大好きな淡路島に行ってきました!

また南あわじ市では「おっタマげ!淡路島」をキャッチコピーに、オモシロスポットが盛りだくさんになっています。美味しいランチやカフェなども行ってきましたので観光やデートの参考にしてみて下さい\(^o^)/

スポンサーリンク

淡路島デート 絶景!うずしおクルーズ

DSC_0099.JPG

まず今回最初に訪れた淡路島のスポットはうずしおクルーズ!昔から鳴門海峡のうずしおは耳にはしていましたが、今回が人生初!楽しみ極まりないです。

車でどれくらいかかる?

大阪・梅田から福良港(淡路島クルーズ乗り場)まで、車での所要時間は順調に行けば約1時間40分。以外と近い!

乗船料

乗船料は大人2000円子供1000円。

駐車場

うずしおクルーズの周辺にある駐車場は無料!これはありがたいですね!

うずしおクルーズ公式ページ

うずしおクルーズ時刻表

福良港【地図】南あわじ市福良甲 1528−4

DSC_0104.JPG

食べ物の持ち込みOK

食べ物の持込みがOKです。デッキには机と椅子が用意されており、1階には広い客室もあります。うずしおクルーズの乗り場近くの福良マルシェや山武水産で海産物や淡路の食材を購入出来ます。

福良マルシェ公式ページ

山武水産(食べログ)

DSC_0144.JPG

うずしおが見られる鳴門海峡に向かって出航。

鳴門海峡まで約20分、うずしおが発生するエリアで遊覧が約20分、帰りが約20分、合計1時間のクルーズです。

うずしおクルーズは揺れるか?

今回の乗船では特に揺れは感じなかったですね。公式ホームページににも揺れは少ないですが海の状況によっては揺れますと記載されています。

Screenshot_20170711-222823.png

鳴門海峡のうずしお

いよいようずしおの発生するエリアに到着。うずしおが次々に発生!

鳴門海峡特有の地形によりめちゃめちゃ潮の流れが早い!増水した川の様にドドドドドーっと流れています。この流れによりうずしおが発生しているんですって!

うずしおクルーズ満喫\(^o^)/

淡路島デート 道の駅うずしお

あわじ島バーガー

DSC_0173~2.JPG

うずしおクルーズを堪能した後は、淡路島グルメにGO!道の駅うずしをに車を走らせます。うずしおクルーズの福良港からは車で約10分。

全国ご当地バーガーグランプリで1位を獲った淡路島オニオンキッチンのあわじ島バーガーを求めて道の駅うずしおに向かいます。

分厚い玉葱カツと淡路牛のスライスが挟まれています!淡路島の旨味がギュギュギュっと凝縮された美味なるハンバーガー!

DSC_0177.JPG

あわじ島バーガーを食べる場所ですが、屋内にも食べるスペースがあり、屋外にも食べるスペースがあります。暑すぎず寒すぎずの季節なら外で食べると気持ちよさそうですね!

玉ねぎソフト

DSC_0160~2.JPG

淡路島オニオンキッチンで販売されている、玉ねぎソフト。

正式な名称はおっタマげ!ソフト(ハード?)

ご当地の食材を練り込んだり、トッピングしたりする、ご当地ソフトクリームは数あれど、なんとおっタマげ!ソフト(ハード?)は全くソフトクリームの部分はありません(笑)

冷やした玉葱をコーンの上に乗っけただけのアグレッシブな一品!

基本的にはSNS投稿用のメニューとして販売されており、玉葱は持ち帰りできるように袋を貰えます。もちろんそのまま生玉葱を食べてもOK。

淡路島の南の先っちょへ

DSC_0182.JPG

道の駅うずしおの裏手へ周ると、淡路島の最南端へ行くことが出来ます。

DSC_0184.JPG

橋の向こうはもう徳島です!

DSC_0192.JPG

鳴門海峡大橋から海を見渡せます!けっこうな高さで風がすごい!高所恐怖症なので膝が笑う!

道の駅うずしおではレストランやお土産屋さんなど充実してます。

道の駅うずしおレストラン

ショップ うずのくに(お土産)

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

淡路島デート うずの丘大鳴門橋記念館

さて、お次もおっタマげ!な場所に行きました!その場所とはうずの丘大鳴門橋記念館。

道の駅うずしおから車で約5分。すぐ近くの場所です。

玉葱かつら

DSC_0003.JPG

徹子もビックリタマネギ色のタマネギヘアー!うずの丘にきたらまず被りましょう!

たまねぎキャッチャー

DSC_0196~2.JPG

タマネギカツラをかぶってまずすることはコチラのたまねぎキャッチャー!!

たまねぎを見事GETすると、5個くらい入ったたまねぎと交換してくれるぞ!

DSC_0209~2.JPG

タマネギカツラをかぶって早速チャレンジ!

ネットで情報を見ていると横向きのタマネギが狙い目らしい!上の芯と下の芯をUFOキャッチャーのアームに引っ掛けると良いみたい!

1回100円、5回600円。今回は500円で6回チャレンジすることにした!かくして淡路島のタマネギへの挑戦が始まった…。

Point Blur_20170715_151659.jpg

ツルツルなタマネギは難易度が高そう…と思いきや、なんと2回目のチャレンジでタマネギGET!タマネギの上の芯と下の芯にアームを引っ掛けるという情報は正しかったようだ!

DSC_0018.JPG

淡路島育ちの絶品タマネギをGET!おうちで美味しくいただきます\(^o^)/

おっ玉ねぎ

DSC_0224.JPG

うずの丘に来たらこちらも必ず訪れたい撮影スポット。それがおっタマねぎ!

玉ねぎになりたい

#玉ねぎになりたい #淡路島

Sumiko☆♪さん(@sumirunrun)がシェアした投稿 –


観光地によくある顔出しパネル…だが一味違うぞ!高名な書家が書いた玉ねぎ!文字から顔を出すも良し!体育座りで玉ねぎになりたいと叫びながら撮影するのも良し!

絶景レストラン うずの丘

ショップ うずの丘 味市場

たまねぎキャッチャー&おっ玉葱

うずしお科学館

淡路島デート クラフトサーカス

DSC_0006.JPG

いっぱいおっタマげて時間も夕刻へ。大阪への帰路に寄りたいカフェがこちらのクラフトサーカス。すっごいオシャンティーなカフェレストランです。

DSC_0009.JPG

大阪に帰る前にちょっと休憩。楽しかった淡路島の時間を振り返る…。

DSC_0005.JPG

リゾート感あふれる外観。

DSC_0004.JPG

よくわからんけどおっきいゾウさんがいます。

DSC_0795.JPG

たまねぎに入りたいからはコチラ!4人くらいはいれるよ!

DSC_0017.JPG

たまねぎの中に入ってゴロンっとするとめっちゃ気持ちいよー。

クラフトサーカス

食事メニューも充実しています。土日中心に音楽ライブも開催。瀬戸内海に沈む夕日を眺められる、とてもステキなロケーションです。