もうすぐ夏!イベントが盛りだくさんの季節ですね。

京都の祇園祭や、大阪の天神祭!ほかにもたくさんあるよね。

デートにおすすめのイベントを紹介していくよ。祇園祭の中でも、祇園祭の後祭が好き。

祇園祭や天神祭以外にも、おすすめのイベントがたくさんもあるので紹介していくよ。

 

スポンサーリンク

愛染まつり2018年は規模を大幅縮小に

天神祭、住吉祭と並ぶ大阪三大祭のトップバッター「愛染まつり」

日程は2018年6月30日~7月2日

本来であれば、6月30日に大勢の浴衣姿のぺっぴんさん(愛染娘)達が宝恵駕籠に乗って、和宗総本山四天王寺の別院・愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)から、あべのキューズモールまでパレード…

7月1日にはミス愛染娘コンテストといって、浴衣美人たちが境内の舞台で、特技を披露するイベントがが行われる、華やかなお祭りなんですが…

今年から残念ながら規模を大幅に縮小。愛染娘の募集も取り止めています。

理由としては、ここ数年暴走族が多く集まる。人混みで花火。ゴミの散乱などなど。

 

祭りが縮小て残念やわ。

浴衣のべっぴんさんが見られなくなって残念がってるんでしょ?

せやで。もちろんや!!

日本三大祭り!祇園祭(前祭)2018年

愛染娘はみられなくなったけど、浴衣の女子大生がいっぱい見られる祭りといえば、祇園祭!

視点がゲスい。

日本三大祭りのひとつと呼ばれ、日本のみならず、近年は世界中からたくさんの人が集まるのが、祇園祭り!
祇園祭2018 前祭日程
7月14日 宵々々山
7月15日 宵々山
7月16日 宵山
7月17日 山鉾巡行
15日の宵々山、16日の宵山は四条烏丸駅を中心に歩行者天国になり、露天が出ます。

祇園祭のメインイベントは7月17日の山鉾巡行で、大きな「山」「鉾」と呼ばれる大きな山車が京都の中心部を練り歩くわけなんですが…

一番人手が多いのは前夜祭にあたる「宵山」です。

7月15日の宵々山と、7月16日の宵山が、四条烏丸駅を中心にしたエリアが歩行者天国になります。

天候によって人出は変わるけど、例年はおおよそ、宵々山20万人、宵山30万人、山鉾巡行20万人の人出です。

歩行者天国の時間は18時~23時。たくさんの浴衣の女子大生が溢れ返ります!
宵山・宵々山の混雑に関する注意点!!
●16時~18時までは路地の混雑が凄い!

路地内は、山鉾が設置されているので見物したり、飲食店などが軒先で売店を出しています。そのあたりが人でごった返してます。

18時過ぎると、四条通と烏丸通が歩行者天国になり、そちらに人が流れますが、それまでは多くの人が路地に溜まる為、ものすごい混雑になります。

路地にはお巡りさんが、歩行者の通行規制をしており、人が一方通行でしか歩けないように規制をかけられていることも多いです。

歩行者も一方通行だらけで目的地を決めて移動は難しいです。

行きたいお店があるなら、比較的混雑が少ない16時までに行くのがおすすめ
●18時~19時前

路地内と四条通と烏丸通が歩行者天国に人が分散されている時間帯。混雑はしてるが、歩きたい方向に歩には歩ける状態。

トイレに行くならこの時間に必ず!!
●19時~21時
祇園祭宵山のクライマックスの時間帯
四条通と烏丸通が歩行者天国となっており、歩行者天国の山鉾が設置さているエリアの混雑はエグいです。
山鉾の提灯が明るく灯り、山鉾の上からはコンチキチン♪と雅な音楽が流れてい来ますが、雅な雰囲気とは裏腹に地面は人人人!!!
満員電車の中にいるような状態になり、前にも後ろにも進めないような状況にもなります。

ほんとに大通りが満員電車のようになって前にも後ろにも進めないようになった経験あり。
これは食べとけ!祇園祭りの宵山名物「しみだれ豚まん」

祇園祭の宵山に宵山限定のグルメってのも多いんやけど、キングオブ宵山グルメって言えば「ぜぜかんぽっちり」の「しみだれ豚まん」!!

例年7月13日前後~16日の宵山まで販売しているよ。皮にタレがしっとり染み込んだ重厚で濃厚な豚まん!!

お祭りで他にも食べ歩きするなら、1個を二人で分けたら十分やで。

毎日11時30分頃から販売スタートやけど、早ければ15時くらいには売り切れるから、しみだれ豚まん狙いなら早めに行こう!

 

通ならコッチ!祇園祭(後祭)2018年

最初に、祇園祭の後祭が好きって言ったけど覚えてる?

そういや言ってたね。覚えてる。 でも後祭って、前祭みたいな大規模な歩行者天国ないよね?

そう。祇園祭の後祭は、大規模な歩行者天国は無いねんけど、路地に入ると飲食店の軒先で売店やってたり、山鉾も設置されているねん。

そうなんや。やっぱり人はめっちゃ多いん?

多いけど、前祭ほどではないよ。2014年から約50年ぶりに復活したので認知度がまだ低いことと、ワイワイしたい学生さんは前祭に行くからね。風情をゆっくり楽しむなら断然後祭。

祇園祭後祭では150年ぶりに復活した、山鉾最大級の大船鉾にも乗れる。

路地には町家を改装した飲食店も多く、ドアを開放してお酒が飲めるお店も多いねん。

混雑も前祭に比べると少ないなら、ゆったり楽しめるわけやね。

穴場!?四天王寺の万灯供養

四天王寺万燈籠

お盆にやっている、大阪四天王寺の万灯籠!最寄りは大阪メトロ四天王寺前夕陽ヶ丘駅です。天王寺駅からも500メートルくらいなので歩いていけます。

一万本のろうそくに火が灯され、この時期ならではの雰囲気を味わえるよ。

開催の日時は、8月9日~8月16日。午前8時から午後9時まで。屋外なので雨が降るとロウソクには火が点かないよー。

縁日の規模はそこまで大きくはないけど、何十店か露店は出ているので、お祭り気分も味わえるイベントです。

四天王寺万燈籠画像

四天王寺万灯供養のロウソクは一本一本の火力がかなり強め!その為日中でも結構な迫力です!夜は更にいい感じになりますよ。

京都 夏の風物詩 御手洗祭

京都の夏の風物詩、御手洗祭り。下鴨神社で行われています。

湧き水の冷たい川を、素足で歩いていくのが気持ちいい。夜はロウソクの明かりで水面が照らされて幻想的な雰囲気に。

2018年の京都・御手洗祭の開催日時は、現在まだ正式発表されていないねん。例年通りだと、7月20日(金)から7月29日(日)になるんじゃないかな。朝から夜は21時頃まで。

下鴨神社の最寄り駅は京阪出町柳駅です。

下鴨神社はみたらし団子の発祥の地とも言われているので、ぜひみたらし団子も食べたいね!

京の七夕

堀川・二条城、四条大橋周辺、北野天満宮、平安神宮、京都駅周辺で同時開催される、京都の夏のビッグイベントのひとつ、京の七夕。

イルミネーションなど光を使った幻想的なアートを楽しめます。

奈良 燈花会

奈良公園一帯に2万本ものろうそくが灯される一大イベント!LEDライトではなく、本物のろうそくの灯りはなんとも幻想的な雰囲気を醸し出します。

2018年奈良燈花会の開催日時は、8月5日(日)から8月14日(火)までの10日間。

今年で記念すべき20回目を迎えるなら燈花会。祇園祭や天神祭ほどの爆発的な混み方ではないですが、土曜日、日曜日はかなり混雑します。

なら燈花会の幻想的な雰囲気を満喫するなら平日がおすすめ。

貸しボートあります。ロウソクの灯りが水面に反射し、かなり素敵な雰囲気に。男子は、ボートの漕ぎ方要チェック!!
貸しボートがあるのは、奈良公園の鷺池

デートで行くなら、男子はボートの漕ぎ方要チェック!!

シカさんたちも、なら燈花会シーズンは夜勤で頑張ってくれてます!

大阪・京都の夏祭り まとめ

愛染まつり
2018年6月30日から7月2日
祇園祭前祭
7月14日 宵々々山
7月15日 宵々山
7月16日 宵山
7月17日 山鉾巡行
祇園祭後祭
7月21日 宵々々山
7月22日 宵々山
7月23日 宵山
7月24日 山鉾巡行
御手洗祭
7月20日から29日(未定)
京の七夕
8月1日から15日 ※会場により開催期間異なる
なら燈花会
8月5日から14日
四天王寺万灯供養
8月9日から16日
スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク