なにわ淀川花火大会 オススメの有料観覧席を2つ紹介します!2016年8月6日

今年も夏がやって来ました!

大阪の夏の最大級のイベントと言えば、なにわ淀川花火大会!

夏のデートにはもってこいのイベントですね。

今年の開催は8月6日、土曜日開催です。

打ち上げ開始は19時40分~20時40分まで。

未公表ではありますが推定2万発の花火が打ち上げられ、尺玉(開花すると花火の直径が300メートル超)の大きな花火も沢山打ち上げられます。

前回、『2016年 天神祭!!花火の見れるスポット?穴場?雰囲気だけ味わえばいいねん!』では、天神祭りでは、そんなにガッツリ花火をメインに楽しまなくてもいいんじゃないの?というお話をしましたが、今回の淀川花火は、花火がメインですからね。

69333

出典:FindTravel

今回は花火をめっちゃ楽しみたい所。

というわけで今回は2つのオススメ有料観覧席を紹介します!

スポンサーリンク

なにわ淀川花火 有料観覧席①

62285

出典:第28回 なにわ淀川花火大会

まず最初に紹介したいのは、こちらの協賛観覧席と呼ばれる、なにわ淀川花火の公式の有料座席です。

有料座席はどこで購入できるの?

ローソン、ファミマ、セブン、チケットぴあなどで購入可能となっています。

どんな席があるの?

areaGuideMap2016

出典:第28回 なにわ淀川花火大会

赤色の席が打ち上げ会場のすぐ間近で見ることが出来て、

緑色の座席が少し離れた土手の座席です。

仕掛け花火が見やすかったり、音の迫力を楽しむなら、赤い座席が良いとのことで、緑の座席からは全体が見渡せるのとのこと。

十三会場の赤色の座席は、5000円~9000円

十三会場の緑色の座席(パノラマスタンド)は3500円

梅田側の会場は、2500円~4500円です。

デートで行くなら有料座席が落ち着いて見られていいんじゃないでしょうか?

十三会場のメリット・デメリット

メリットとしては、十三会場側の方がいろいろお店も出ていて祭り感が強いです。

デメリットは、電車で大阪駅、もしくは梅田駅に帰るとなると、電車の混み具合がハンパないということですね。

梅田会場のメリット・デメリット

メリットとしては、大阪駅まで2キロ位なので、歩いて大阪駅、もしくは梅田駅に帰れるということですね。

デメリットとしては、十三会場に比べると祭り感が薄いということでしょうか。祭り感が薄いのはメリットとして捉えることも出来ますね。

有料観覧席の注意

座って花火が見られ、トイレもあって安心なのですが、18時30分頃になると、会場近辺が大混雑になり、有料観覧席までたどり着けれない可能性が出てきます。その為、17時30頃には行っておいた方が無難ですね。

もう一つのオススメは梅田スカイビル!

梅田スカイビルから淀川花火を見ることが出来ます!

スカイビルから見る淀川花火は「人生最高の花火」と絶賛する人が多数です。

しかも、あまり混んでないという話…。

梅田スカイビルからの淀川花火が混んでいない理由は?

抽選なんです。

誰でも買えるわけでないいですね。

チケットぴあから申し込みが出来まして、抽選方式になっています。

応募期間は7月15日から、7月30日まで。

当選発表は8月1日です。

限定400名様で、1人2枚まで購入が可能となっています。

料金は1人800円と格安!!

それでは夏の花火デートをお楽しみください。